日本は給料が増えない。仕事頑張るより副業や投資をするべき

本稿では日本の職場はなぜ給料が増えないのか?について、私が聞いたお話を紹介したいと思います。また、年収を増やしたければ仕事を頑張るよりも投資をするべきだと思いますので、その理由についてお話しします。

日本では官民どちらの職場でも、頑張って給料が増えるということがありません。ほとんどの企業、官公庁において年功序列が定着しており、実績に応じて給料が増えるのは成果主義を実践するごく一部の起業か、外資系のみです。

アベノミクスにより2013年以降日本の景気は回復基調にあると言われてきましたが、同時に国民が景気の回復を実感できない、給料が増えないと言っているのもニュースでよく見ました。逆に景気が回復していると実感している人、給料が大きく増えたと言っている人は見たことがありません。あくまでもニュースでインタビューを受けている人の中では、ですが。

では、実際に景気回復の恩恵を受けたのはどのような人達なのでしょうか。

まず、日本では頑張っても給料が増えない理由から順番にお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

日本では給料は増えない

日本の多くの企業、官公庁では頑張っても、その頑張りや成果に応じて給料は増えません。一時期は企業における成果主義への移行が叫ばれた時もありましたが、最近とんと聞きません。昔から高給を支払う企業や成果主義を採用する企業は決まっていて、日本のほとんどの職場では今も年功序列によって給料が決められています。

なぜでしょうか?頑張りに応じて給料が増えないのであれば、誰もやる気を持続できなくなってしまいます。今後労働者人口が減少していくと言われていくのに労働者のやる気も無くなってしまっては、日本全体においても各企業においても生産性はどんどん低下していくばかりです。

給料が支給される理由

日本の多くの企業、官公庁はなぜ従業員、職員に給料を払うのでしょうか。給料を払わなければ社員は生きていけないので支払われるのは当然なのですが、大企業で大卒新入社員の初年度基本給は20~22万円で、30代で30万前後、40代で37~38万。平均は大体そんな感じになります。

中小企業だともっと給料が低くなり、賞与も支払われなかったりするらしいですが。昔、私のいた会社は一般職ならば上記のような給料体系でした。一応査定はありましたが、査定の結果が年次による月収の差を覆すものでは決してありませんでした。要するに成績に関わらず長年会社にいる人の方が給料が上でした。なぜでしょうか。

日本において年次に応じて大体決まった額の給料が支払われる理由は明日以降も変わらず働いてもらうためだそうです。年次とともに基本給が上がるのは社会に出て年齢を重ねれば、結婚、出産、育児、教育費用、マイホーム、マイカーとどんどんお金が必要になっていくからです。昨今では必ずしもそうではないと思うのですが、昔は一般的にはそうなると考えられていたのです。

職場が給料を払うのは労働力を維持するため、ということです。社員(職員)の生活を給料によって支えなければ労働力が損なわれるから払うのです。『報酬』といった考え方ではありません。

また、日本は従業員を家族と考える、家族は平等と考えるからという理由もあるそうです。窓際のおっさん社員には家族が居るから若手の独身エースより給料が多く貰えるし、会社が苦しくない限りはリストラされません。

なお、田舎より都会の方が給料高いのも都会暮らしの方がお金がかかるからですね。

収入を増やすにはどうするか?

ということで、日本の多くの職場では頑張りに応じた給料は貰えません。では、収入を増やすためにはどうすればいいのか。

副業で収入を増やす

第1に昨今『働き方改革』の一環で副業解禁となる企業が増えてきていますから、定時で退社して夜に副業をすればいいんです。17時に退社すれば夕ご飯を食べて18時から22時まで週4~5日、さらに土日もフルで働けば月に10万円くらい収入が増えるでしょう。

ただ当然ですが、体も時間的にもキツイですし、余暇を削ってストレスも溜まるでしょう。耐えられる人も少なからずいるとは思いますが単純なアルバイト労働は若いうちだけでしょう。

あと本業で残業代が如何なる場合でもきっちり出るのなら『生活残業』をした方が効率が良いかも知れませんね。今時『生活残業』を許す職場は極めて少ないと思いますが。

ちなみに副業はアルバイトだけではなく、執筆、ホームページ作成、翻訳など仕事を請け負って報酬を得るものもありますし、アンケートに答えてお金をもらうこともできます。これなら拘束されずに家で仕事をできますから、大変ですがこちらが向いているという人もいるでしょう。

あとは『せどり』をしている人もいますし、アフィリエイターやyoutuberでうまくいけばそれだけで生活できるくらいの収入をあげられると聞きます。

ただ、これらは全て時間を切り売りして稼がなくてはなりません。人気のアフィリエイターやyoutuberは別ですが。

つみたて投資で配当収入を増やす

毎月つみたて貯金をするように利回りが良い資産を買う、ということです。例えば配当利回り5%の株を1,000万円分持っていれば50万円(引く税金分)年収が増えます。利益が安定していて高配当・増配を続ける企業に投資すれば、多くの労力や時間を掛けなくても50万円以上に増え続けます。買い増し続ければさらに増え続けます。

ただ、こちらもつみたて額が大きくなるのに時間がかかります。収入を増やし、支出を減らし、最大限の余剰資金をつみたて投資し、20~30年かければあとは働かなくても生きていけるくらいの年収になりますが、これも耐えられない人が居ると思います。特に若いうちに遊びを我慢して積み立てるのは難しいでしょうし、家族を持ったら家族全体に節約の習慣が身についてなければ支出は減らせません。

また、投資は確実なものではないですから常に不安がつきまとう可能性があります。長期間のつみたて投資中に暴落を経験し、諦めてしまうかもしれません。不安とかリスクを受け入れる必要があります。

まあ、配当収入を増やしていくことが目的なら暴落はマイナス要素にならないはずなんですが。

終わりに

ちなみに独身で手取り20万なら賞与も入れて年に100万円以上は投資できます。副業でアルバイトなんてしちゃったら毎年200万円以上投資できますし、増えていく配当収入を投資に回せばさらにハイペースで収入が増えていきます。

個人的には今後も会社の給料については変わらないと思いますし、収入を増やしたければ独身で若くて無理が利くうちに本業に拘らず副業も営んでがむしゃらに稼ぎつつ、本業での収入と併せてつみたて投資をしていくのが良いと思います。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク