新築一戸建て×太陽光発電のメリット【年中快適空間が0円で実現】

2017年11月に新築一戸建てに引っ越しました。ハウスメーカーのキャンペーンにより無料設置だったことから新居には太陽光発電システムを導入し、光熱費削減及び売電収入を狙いました。

今回は新築一戸建てに住んでみて良かった!と思ったことについて書きたいと思います。

しかしながら、今年の夏は以上に暑いです。毎日最高気温33~34℃とι(´Д`υ)とろけそうですね。仕事柄知っていますが、今年は熱中症でダウンする人がめっちゃ多いです。まあ、ニュース見りゃ分かりますね。。。

娘の通う小学校では夏休みのプール開放が中止となっています。水温が35℃超えてしまうからだとか。おかげで僕が有料のプールに連れてってやらなきゃ行けなくなってしまい、嫁ちゃんに「クロールのフォームすっごく奇麗になったね」と言われるほど僕の泳ぎが上達してしまいました。息継ぎ無しに25m泳げるようになったお(´▽`)

でもクイックターンできないから25m以上連続で泳げましぇーん(*´Д`)

。。。話が逸れましたが、今年のように異常に暑い夏でも光熱費0円どころか、売電収入を得ながらにして家では快適空間が実現できたので、高々住宅×太陽光発電は最高ですよって話をしていこうと思います。

スポンサーリンク

家全体が常に28℃一定。しかもタダ

今年の夏は毎日暑くて大変ですが我が家はいつも28℃です。家じゅう超絶快適です。理由はを24時間つけっぱなしにしてるからなんですが、なんと電気代は売電差し引きで毎日850円くらい儲かってます今月は多分24,000円くらい売電できるでしょう。

売電額をモニタで見てみると。。。

今月24日と25日に見た売電額データです。

1日で849円売電額増えてますよね?26日には18,900円とかになってるわけです。

  • 27日には19,750円
  • 28日には20,600円
  • 29日には21,350円
  • 30日には22,200円
  • 31日には23,050円

翌月一日に7月売電額合計が出ますが、それが23,900円くらいとなります。多分。

ちなみに6月は22,155円売電してますので1日あたり738円。

暑くなり過ぎると発電効率が落ちると聞きましたが、日照時間が伸びたからでしょうか。あるいは晴れの日が多いからでしょうか。1日あたりの売電額が増えてます。7月はクーラーつけっぱなしなのに。

消費電力について

  • 6月の日平均消費量11.3kWh、発電量28.0kWh
  • 7月は日平均消費量13.6kWh、発電量30.3kWh

つまり暑くなったから使った分は発電で補えてるってことです。

なお、エアコンつけっぱなしで1日当たり2.3kWh消費が増えてるわけだから、

  • 2.3kWh×27(円/kWh)×31日≒1,925円

エアコンつけっぱなしにすると、我が家では月に1,925円の電気代がかかるわけですね。

ちなみにアパートに居た頃、2017年6月の電気+ガス代は16,558円2018年6月、一軒家での電気代(オール電化)は5,804円

その差は10,754円。で、売電足して33,000円/月くらい儲かったと。6月はね。

7月は35,000円くらい儲かるでしょう。

アパート時代はひどかった

要するに『高々住宅 with 太陽光発電』に移り住んだおかげで、暑い寒いのストレスが無くなったうえに光熱費は削減できるどころか儲かってる、ってことです。

もちろん、暑い寒いに耐えればもっと儲かるけど、手間暇無しに光熱費の心配も止めて快適に過ごせるようになって良かったです。

なお、アパート時代は夏はエアコン、扇風機(サーキュレーター)。エアコン、ストーブを使っていました。家族構成は大人2人に子供2人。廊下有2LDKの間取り。

アパートは高気密高断熱(高々)ではないためエアコン28℃つけっぱなしでは室温安定しません。25、26℃に設定してなおかつエアコンが常時めっちゃ頑張ってました。

それでも、廊下とか洗面脱衣所ι(´Д`υ)アツィー

つまり家じゅう冷やせません。奥さん洗面所で汗だくで化粧なわけですよ。

ちなみにエアコンって常に全力稼働してるわけではありません。設定温度と室温に差があると頑張って動き(つまり電気消費大にして稼働する)、設定温度と室温が近いと弱運転します。例えば、スイッチON~設定温度≒室温までが一番電気食うわけです。

節約だと思い、つけたり消したりしてる方が逆に電気食うよ、ってテレビでもやってました。そして、常に弱運転ができればエアコンは一番省エネな冷暖房手段だと言われています。

でも、世帯向けアパートでは常にエアコンが頑張るか、リビングだけ閉め切って冷やして家族全員常にリビングで過ごす、とかしないと居住空間が快適にならないです。

でも、幼いチンパンジーが居ると部屋の戸を開けっ放しで、

うひょぉぉぉぉぉぉおおおお(∩´∀`)∩って走り回っちゃうわけです。

はい、無理。エアコンで省エネかつ快適空間作るとか無理。なお、冬も同様です。エアコンで家じゅう暖めるとか無理なんでストーブ使います。めっちゃお金かかります。結露やばいです。灯油入れに行くの大変です。臭いです。重いです。スタンド混みます。

んでもって子供居ると床に置いてるストーブは危ないです。すぐぶつかります。手を出します。奥さん寒しー(>_<)言いながら化粧。風呂あがり寒しー。ヒートショックつらみ。

チンパンどもはうひょぉぉぉぉおお(∩´∀`)∩って部屋の戸全開で・・・(以下略)

まとめ

アパートは気密断熱性能が低いので省エネ快適空間は難しいです。もちろんワンルームとか1Kならできるでしょう。でも、家族増えると無理です。

ランニングコストにこだわった新築一軒家なら省エネ快適空間実現は容易です。夏、冬のみエアコンつけっぱでいいです。本当に家じゅう快適温度です。

子供達も思う存分走り回ってます(笑)家の中が広くなったし、楽しそうです。子供部屋もあるし、外にブランコとか作ったし。玄関さえ開けっ放しじゃなきゃOK。

でも、2,000万円以上の住宅ローンは、35年間積立投資してれば6~7,000万円以上の損失に

成り得ます。家を建てなきゃ老後の心配は無くなります。難しいですね。。。

大事なのはまず、試算することではないかと思います。現在から未来に渡る収入・支出。そして目標資産額から、じゃあ、住居にはいくら使えるのっていうことを計算してみる。予算を明確にすることです。

そのうえで家族の幸せを考えうる限り大きくする住まいをあーでもないこーでもないと決めていけばいいんじゃないでしょうか。

でももう1回だけ・・・最後に言わせてもらいますと。。。

新築一戸建ては最高です!

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク