新卒採用基準は能力よりも親和性とご縁

私は前職でいわゆる大企業に勤めておりましたが、当時の上司から聞いた新卒採用基準をお話しします。まあ、大企業とか別にいいところでもなんでもないんですけど、憧れや安定志向により今でも人気はあるでしょう。

ぶっちゃけますと採用はご縁です。8割くらいの人にとってはね。残りの2割は内定取りまくりのデキル奴です。一緒にしてはいけません。

ここでは8割の一般人を対象に話をします。僕はデキル奴ではなかったので、2割の人のテクニックとか知らないからです。

スポンサーリンク

新卒採用基準

新卒採用面接で能力は見られていない

まず、企業は優秀な人材を求めていません。ここでいう優秀な人材とは、

  • 院生で著名誌に載る論文を発表した
  • スポーツで全国大会へ出場した
  • ボランティアなどの活動に努めた

みたいな学生時代に優秀な功績を残したとか、社会貢献などの活動を頑張ったという意味合いです。学生時代に優秀だった人、活動的だった人が会社で役に立つかどうかは分からないからです。といいますか、面接では会社にとって良い人材を選別できません。

ちなみにどうしても入社してもらいたい必要な人材は別ルートでオファーがいってます。会社にとって有益な研究をしてた研究室の学生とか、全国出場レベルどころじゃなく会社の宣伝になるレベルのトップアスリートとかね。

よく、「学生時代は何に打ち込みましたか?」みたいな質問、面接でありますよね?自己アピールをしてください、とか。

あれ、別に内容に興味はないわけです。面接官はただ会話のキャッチボールがしたくて、話のきっかけに聞いているだけなんです。

でも、就活生は

  • 「学生時代何もやってきてない・・・」
  • 「能力なんてない」
  • 「見た目もパッとしないし」

と面接前から不安に思い、本番アガります。その結果、変なことを言ってしまったり、うまく話せなかったりするわけです。大丈夫。実際に何してきたかとか面接官興味ないから。

新卒採用面接では何を見られているのか

ぶっちゃけ、話しやすいかどうか。「なんとなく感じ良い人だなー」とか、「クセがなさそうでいいな」とか、「ふふふ、こいつはギラギラしてて鍛えがいがありそうだわい(じゅるり)」とか面接官の独断と偏見でそういうの見てるだけです。

んで、面接官って人事がやるわけじゃないんです。プロの面接官とかいないんです。毎年、面接に際して各部署から〇〇以上の役職の人を〇〇人ずつ、面接官をだしてください、と人事がお願いしてるんです。

だから毎年面接官は違うし、その面接官によって人の好みも違うわけで、要するに偶然出会った面接官が自分の社内経験上、こういう学生は育てやすそう、あるいは一緒に仕事しやすそう、と思えばOKです。

んなもん分かるかよ(# ゚Д゚)好みじゃねーか。ぶっちゃけ、その通りです。

でも、当然言葉使いが変だったり、緊張して適切な会話のキャッチボールが出来なかったり、ゲームに打ち込みました、とかじゃダメだし、万国共通エロ話で盛り上がってもダメなわけです。

社会人として最低限のマナーや常識をカバーしたうえで、あとはご縁です。あ、時事のニュースも見た方がいいです。

だから学生時代から幅広い年齢層、境遇の人達と交流を持っておけばアドリブ利きやすいかもしれませんが、とりあえず当たり障りなく、感じ良いやつだな、と思われそうな会話ができれば充分だと思います。

終わりに

面接ではうまいこと言ってやろう、とか良いエピソード持っていこうとか思うかもしれませんが、あんまり関係ないです。面接官はそれが仕事じゃないんで。部署の数字に影響するわけでもないので、やる気出して話聞く必要もないんで。

数撃って慣れる。数撃っていいご縁に出会う。そんな感じだと思いますねー。実は数撃たなくても著名な大学の教授ならいいご縁をいっぱい持ってたりしますがね。そういうの調べて大学や学部を選ぶっていうのもいいらしいですよ。毎年○○株式会社主催の講習に呼ばれてる大学の先生とかいるでしょ。企業と共同研究してる大学とか研究室も普通にインターネットに出てるし。

あ、でも英会話とかその会社で使える資格は持っといた方がいいです。資格とか入社後でも取れますし、取らせてくれる会社もありますが、早く実践投入できる、つまり早く成長させられるしやる気に説得力が出るからです。そういった意味で資格取得に強い進学先を選ぶのも有りではないでしょうか。

なお、どんな会社でも仕事の大半は年月かければ誰でもできるようになる仕事です。だから、会社は尖がった天才や素晴らしい考えを持った人材とかは要らず、使いやすそう、会話がしやすそう、一緒に働きやすそう、な人でいいわけです。

そういう人の方が仕事も教えやすいし。結果、順調に戦力へと育つということでしょう。

まあ、変な採用基準を持った会社もありますが、世の中変な人もいますし、頑張っても合わない人がいるわけで、そういう場合はご縁がなかったということですね。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク