銀行投信の顧客の半数が損失を抱えているけどそんなの自己責任

金融庁によると、主要銀行及び地方銀行合わせて29行を対象にした投資信託の運用損益を調べた結果、2018年3月末時点で『銀行投信の顧客は約半数が損失を抱えている』ということが分かりました。正確には46%の顧客が損失だとか。そもそも銀行が公開してた顧客数も実際と違っていたというニュースもありましたし、銀行の言ってることやってることもいい加減だな、と思った次第です。

なお、ソースは以下の記事です。

投信「半数の個人が損失」の驚き 金融庁の共通指標どう読み解く

(出典:QuickMoneyWorld)

しかしながら、よく調べたり考えたりもせず銀行投信を購入してしまう人達の方もいい加減だと思います。損失を出して失うのは家族の生活資金、老後資金なわけです。個人的には家族に内緒で家のお金をパチンコ台に突っ込むのと変わらないと思いますので、ちゃんと自分で調べて考えて責任持ってやった方がいい。今回はそういった主張をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

勧められて投資するな!

2012年末からアベノミクス効果で日本株は上昇を続けましたし、現に2012年末の日経平均株価8000円台に対して2018年現在も20,000円を超えています。米国についてもS&P500は2009年以降右肩上がりです。市場平均が右肩上がりであるにもかかわらず、銀行投信の顧客のうち約半数が損益を抱えている理由は何でしょうか。

  • アセットアロケーションに問題があった
  • 投資開始時期が悪かった(リーマンショック直前だった)
  • 毎月分配型のタコ足配当に食いついてしまった
  • 流行りのテーマ投信を買ってしまった
  • そもそも高い手数料を取られるから

などなど。ネットを眺めれば色んな方が色んな理由を述べておられますが、私は根本的な問題があると思います。それは他人(銀行)に勧められて投資するから損をするということです。

銀行では口座資金が1,000万円を超えると『預貯金よりも効率の良い貯蓄方法』として投資商品を勧められるそうですが、「預貯金じゃあんまりお金増えないから・・・」「長年お世話になっているし」と言われるがままに購入する人も多いそうです。主に高齢者の方です。若い人は1,000万も持っていませんし、何でもスマホやPCで調べるようになってきてますから。

そもそもそんなに儲かるなら教えなくても自分でやれば?って話ですよね?銀行がお勧めする投資先に自己資本を投資すればいいじゃないですか。そしたらセールスに人件費と時間を割く必要ないし。

投資商品をお客さんに買ってもらって手数料を頂く方が確実に儲かるってことでしょう。損益については売り手に責任が生じませんし、銀行としては顧客が損をしようが知ったことではないでしょう。顧客から文句を言われる行員の良心は痛むのかもしれませんが、銀行はそれもまた問題とはしないでしょう。

投資商品は顧客のためを想って勧められるのではありません。銀行が儲けるために勧めるのです。投資は自分で調べて自分で考えて自己責任で行うべきです。あと家族と相談してから始めましょう。

日本は投資への認知度が低すぎる

しかしながら、日本人の投資に対する認知度はとても低く、例えば『つみたてNISA』はまだ3割程度の日本人にしか認知されていないそうです。手数料無料、低信託報酬、そして利益非課税、と投資信託をやるなら使わない理由はないと思えるくらいですが、それだけ投資のことを知らない人が多いということではないでしょうか。

投資がメジャーなものではないとすると、偶然を除いて売り手から勧められる以外に投資について知る方法はあまりなさそうです。『保険』なんかも勧められてー・・・周りも入ってるからー・・・と必要以上に保険に加入する日本人ですから、銀行員に勧められて初めて投資信託について知ったとすると購入してしまうのも仕方がないのかもしれません。

他人に投資の相談をするな!巻き込むな!

また、投資の相談をしたがる人は結構居まして、私も相談や仮想通貨への勧誘を受けました。全部断りましたけど。

実生活で投資先や投資手法は他人に相談できない

そもそもお金が絡む話は面倒なので他人としたくありません。本気で相談に乗ってあげようとすると他人様の家計事情について踏み込んで聞かなきゃいけないし、アドバイス内容に責任を持てないからです。相手が損したら信用を失ったり気まずくなったりするでしょ?

ちなみに仮想通貨に勧誘してくる人たちはこっちの話を全然聞いてくれません。「専門家が伸びると言ってるから早く買わないと」の一点張りです。それ煽りと違いまっか?

投資となるとみんな不安になって誰かに相談したくなるのかもしれないですが、自己責任でやるべきです。世界中の投資のプロのうち2割程度しか市場平均に勝てないですから、素人や銀行員への相談がいかに無意味か分かると思います。

投資は継続が大事。他人の意見で続けられるか?

最後に投資で儲けようと思ったら短期では難しいです。まぐれに期待しなければいけません。20年~30年と長期間継続していくことで平均リターンが期待値に近づいていくものだと思いますが、その途中で何回も暴落を経験するでしょう。

よく分からないけど勧められて買った投資商品が暴落したら、あなたは果たして黙っていられますか?続けられますか?難しいのではないでしょうか。

何度も暴落を乗り越えて何十年も続けることができるのは、自分の考えに自信があり、強い意志を持つからではないでしょうか。失敗に気づいても修正し、やり直す、続ける覚悟が必要です。

他人の言ったことに人生は賭けられませんから、やはり投資は自分の力で自己責任でやるべきだと思います。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク