高配当AT&T TW買収の行方は?

米国通信事業大手のAT&T(ティッカー:T)は配当利回り6%超の超高配当株です。長年の増配と株価低迷でこうなってしまいました。安定はしていますが成長は望めない不人気銘柄です。今回はこのAT&Tについて考えてみます。

AT&Tはアメリカ最大手の電話会社であり日本でいうところのNTTとかKDDI、ソフトバンクです。インターネット接続や映像配信サービスも手掛けています。

現在、アメリカの電気通信事業はAT&Tとベライゾンが2強で、次に統合が決まったスプリント、T-mobile USと続きます。

アメリカ国内ではみんなスマホを持っているし、インターネット契約もしているので通信市場は既に飽和状態でこれ以上の成長が望めません。

また、ライバル他社との価格競争があるので、価格を上げて売上を上げるということはできません。

さらに、通信インフラを整備し続けなければいけないし、今後も5G、6G・・と次世代の通信システムへと進化させていかなくちゃいけない。ということで、設備・開発にお金がかかります。

電気通信事業は安定してるけど、今後の成長は期待できないんじゃないの?ってことで、不人気となっている業界です。

では、AT&Tについて基本情報から見ていきます。

AT&T(T)の基本情報

2018年7月17日取引終了時点で株価は31.76$

2016年1月をピークに株価は下がり続けています。増配続けてるのに株価が下がり過ぎて、配当利回りはなんと6.30%になってしまいました。

税引き後で5%超える配当ということは買って20年で元が取れちゃいますね。今、下がりまくりなのでトレンド転換すれば、もっと早く元取れちゃいますね。まあ期待はできませんが。なお、配当性向は57.1%でまだ増配余力はあります。

AT&T(T)の業績

売上は安定していますが、このままスマホを売ったり、インターネット契約を取ったりしてても今後は伸びません。といいますか米国内では契約数が飽和しているし、面倒なので他社から乗り換える人も多くないと思います。

利益成長が止まれば増配余地も次第に無くなっていきます。減配をしなければ年利6%超ですから充分という方もいるでしょうが私は増配を続けてほしいですし、

安くて高配当のうちに買い増ししまくり

トレンド転換で株価上昇へ

高配当再投資、安く増やした枚数、株価上昇が

相まってウヒョー(∩´∀`)∩キョウカラマイニチガパーリナイ!

の流れが最高だと思いますので安定ではなく成長に向けて頑張ってほしいところであります。でも、電気通信事業各社は今後どうやって成長していくのでしょうか。

いったん、キャッシュフローを見ます。

AT&T(T)のキャッシュフロー

設備投資にお金がかかっているみたいですがキャッシュフローはとても安定しています。いまやスマホ、インターネットは生活必需品だし、契約・使用料が毎月決まって入るわけだから、当然ですね。

なお、通信設備を構築し、維持するのが大変なので電気通信業界は新規参入が困難です。バフェット氏が言うところのワイドモートを持つ業界ということですね。既存する同業他社との競争激しいけど。

また、営業キャッシュフローマージンも25%程度あり、売上に対する収益性も今のところはバッチリです。

まとめ

AT&Tは通信インフラ事業により、安定した利益を得ている高配当優良銘柄です。

しかし、通信インフラは既に飽和状態であるため、同事業によるこれ以上の利益成長は望めません。今後の成長エンジンを創生する必要があります。

2015年、AT&Tはメディア会社ディレクTVを買収しました。ディレクTVは衛星放送大手で映画、スポーツ、娯楽などの番組を放送していました。

現代ではTVよりもスマホやタブレット、PCで動画を見るスタイルが若者を中心に広がってきました。そこでAT&TはディレクTVを買収し、番組をインターネット経由で配信するサービスを始めたのです。

さらに2016年、AT&Tは総合エンターテイメント会社タイムワーナーとの買収合意を発表、総合メディアコンテンツ産業へと突き進もうとしていましたが。。。(NetflixやAmazonに挑戦する感じですね)

タイムワーナー買収の可否について米司法省が訴訟を起こしています。司法省は、「AT&Tによるタイムワーナー買収はメディア業界の寡占化を招き、値上げに繋がって米消費者の利益にならない」とし、買収阻止を求めて提訴していましたが米連邦地裁はこの訴えを却下しました。

といいますか、司法省の訴えは政治的な思惑が絡んでいるみたいで、言いがかりじゃないの?と一部では言われています。

で、AT&Tは勝訴したので、直ぐに買収手続完了したと発表したのですが。。司法省が上訴しました(#^ω^)ファ〇クユー

おかげで株価は2段階で急落して現在31.76$ですよ。

配当率高すぎ(∩´∀`)∩うれぴィィィー!割安継続ゥゥー!配当再投資捗るぅゥゥゥー!そこにシビれる憧れるゥゥゥー!

でも、やっぱり高配当と株価上昇(=利益成長)の相互作用を期待してるわけだし、停滞しつつある事業から早いこと抜け出してほしいのに邪魔すんなよ、もぉぉぉー(# ゚Д゚)な感じです。

AT&Tの今後はまず今回の買収可否にかかっていると思いますので、今のうちに買い増し過ぎないよう進捗を見守りたいと思います。

買収完了しても、そのあとの商売が難しいかもしれませんがね。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク