製薬大手ファイザー(PFE)に2,000$追加投資

2018年7月は製薬大手であるファイザー(ティッカー:PFE)に2,000$追加投資しました。38.25$で51枚の購入です。これで同社株の保有数は116枚、購入金額累計は4,316.36$です。

現在1株あたり配当は1.36$/年ですから購入時の配当利回りは3.56%、116枚保有だと年間157.76$の配当金を受け取ることができます。

ファイザーは2008年リーマンショックで増配が途絶え、株価もどん底でした。2016年にホスピーラ買収、製薬売上世界一となるまでは主力製品の特許切れがあり、かなり落ち込んでいたようです。

2010年には増配を再開して2018年現在連続増配8年目となりますが、50~60年増配を続ける企業がある中で高配当ディフェンシブ銘柄としてポートフォリオに組み込むには弱い印象があります。

本稿では、それでも私がファイザーを買う理由を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

製薬業界について

薬を必要とする人が居なくならないことから製薬産業は衰退することがありません。むしろ高齢化がどんどん進むこれからはますます同産業が求められるのかもしれません。

医薬品は製造コストはあまりかかりません。研究・開発を終え、生産ラインを確立させてしまえば、後はオートメーション化された工程でレシピ通り配合された製品がどんどん作れるからです。

安く作れる割に医薬品って高いですよね。私はお金がかかるのと待たされるからという理由で病院が大嫌いなのですが、調剤薬局で支払うお薬代がもったいなくて仕方がありません。でも、お医者さんに「お薬出しときますねー」、って言われると『要りません』とは言えませんし、病気やケガの治療に必要だと言われたら使うしかありません。

求められる製品が安価に製造できて、売値が高くても健康には代えられないので売れる。ということは製薬業界はさぞかし儲かると思われるかもしれません。

しかしながら同産業は競争が激しく、特定の病気に対して効果が高い医薬品を開発したとしても、他社がさらに優秀なものを開発すれば売上が落ちます。たとえ効果が高くて他の追随を許さない優秀な医薬品を開発したとしても、特許が切れると安価なジェネリックが新たな競合となるため売上が著しく落ちます。

よって製薬業界では、ブロックバスターと呼ばれる効果が高くて莫大な利益を生む医薬品をどんどん開発していかなくてはいけません。製造にはコストはかかりませんが研究・開発に対する自己投資が必要な産業であり、決して(゚д゚)ウマーな業界ではないと思います。また、ブロックバスター連発でも約価改定などによっても売上は左右されますし。

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)とファイザー(PFE)採用

製薬業界で優良な企業と言えばジョンソン&ジョンソン(JNJ)です。ポートフォリオを作る際、医薬品セクターはJNJを組み込めば一番間違いがなさそうです。EPS、キャッシュフローもずーっと良好で56年連続増配中。株価は30年以上右肩上がりです(短期で見れば下がっている期間も当然ありますが)。

私も配当利回りが良ければJNJを買い増し続けるのですが、現在2%台の利回りなので様子見です。インカムゲインを重視しているのですが、JNJのようにずっと右肩上がりの株価であるのならばキャピタルゲイン+インカムゲインで考えて長期的に大きなリターンが望めそうです。ゆくゆくは買増していくかもしれません。

医薬品産業でもう1社インカムゲイン3%以上(債券利回りと同程度かそれ以上)の銘柄をポートフォリオに入れたくて悩んだのですが、結局ファイザーを選びました。

理由はファイザーの経営方針が良いと思ったからです。同社は有力な医薬品を持つ企業を買収することによって売上を伸ばしてきました。このやりかたはファイザーモデルと呼ばれており、企業買収を繰り返すことによってファイザーは世界一の売上を誇る製薬メーカーとなりました。

新薬開発は時間がかかります。時間をかけて開発し、FDAの厳しい審査を通した新薬であっても望む効用、シェアを得られずダメになることもあります。それならば、有力な医薬品を持つ企業を買収した方が経営効率が良いと考えるファイザーの考えはその通りだと思いますし、現に30%を超える営業キャッシュフローマージンを叩き出しています。

ポートフォリオが固まってきたのは本年6月頃。アッヴィ(ABBV)とファイザー(PFE)で相当迷いましたが、経営方針により共感できたファイザーを選びました。アッヴィは先発医薬品開発に注力していますから、時間をかけて開発した製品がコケたら?その時の稼ぎ頭が特許切れになったら?など考えてしまいました。ちなみにファイザーは特定の医薬品に収益を依存していません。1番売上を上げている製品でも売上の約10%を占める程度です。

でも、やっぱりアッヴィも買いたいです。

製薬有力銘柄群 やっぱりアッヴィ(ABBV)も良い

投資先候補として迷った製薬高配当銘柄群です。

やっぱりアッヴィ良い(´・ω・`)多分アッヴィもそのうち買う。きっと買う。

なお、超高配当銘柄グラスソスミスクライン(GSK)は近年業績が安定していないので、投資先候補から外れました。開発分野がギリアスとも競合してますし。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク