米国株投資始めるならどの証券会社を選ぶか?

最初に結論を書いてしまいますが、日本で米国株投資をするなら楽天証券あるいはSBI証券がいいと思います。各社手数料は同じであり、楽天証券は取引によってお買い物と投資信託に使える楽天スーパーポイントが貯まる。SBI証券は住信SBIネット銀行との連携で為替手数料が安くなる、と双方メリットがあるからです。

ちなみに私は楽天証券とSBI証券両方に口座を持っています。SBI証券しか使っていませんが。マネックス証券も時間外取引ができて使い勝手がいいらしいですが、短期投資やタイミングを図った投資をしているわけではないですし、頻繁に急いで売買することもないので私にはメリットが分かりません。私が分かっていないだけで時間外取引はものすごく有用だったらすいません(*´Д`)

とりあえず本稿ではネット証券各社を比較してみます。

スポンサーリンク

ネット証券大手はマネックス、楽天、SBIの3社

米国株投資に強いネット証券会社はマネックス証券、楽天証券、SBI証券の3社です。なぜネット証券かというと窓口や電話で取引を行う証券会社は手数料が高いからです。

以下に各社のスペックを載せます。なお、手数料は税を考慮していません。

ネット証券大手3社の米国株取引銘柄数

取引銘柄数はマネックス証券がダントツです。でも、高配当優良株に投資するなら、3社ともカバーしていますので差がありません。

ネット証券大手3社の米国株取引手数料

取引手数料は各社横並びですが、為替手数料はSBI証券がダントツ安いです。

例えば200,000円ずつ両替→投資する場合、

  • SBI証券:200,000÷110円/ドル×0.04円≒73円
  • 他:200,000÷110円/ドル×0.25円≒454円

となります。

ここで、注意していただきたいのは米国株を購入するための手数料は高いということです。最小購入単位は1株で30ドル(≒3,300円)の株を買うとすると5ドル(≒550円)の手数料がかかってしまいます。為替手数料を含めるとSBI証券では623円、他では1,004円もかかります。えっ!?3,300円の株買うのに1,000円余計に払うの( ゚Д゚)フザケンナ!って感じですよね?

ですから米国株を購入する際は手数料の最高値20ドルかかる額以上、つまり約4,444ドル以上まとめて買った方がお得ということになります。

ちなみに私はSBI証券で2,000ドルずつ購入してますから、1回の購入で約1,000円かかっています(# ゚Д゚)チクショーメ

注文方法

注文方法については成行しか使いませんのでよく分かりません。長期投資でタイミングを考慮せずにドルコスト平均法で積立ていくとしたら、指値とか逆指値を使う必要はあるのでしょうか?

取引単位

取引単位は各社同じく1株から。

決済通貨

決済通貨について、これは米国株投資をするのに日本円で決済する利点はあるのでしょうか?長期投資ならそのまま保持なので日本円にする必要が無いし、売買を繰り返す短期投資なら、決済の度に為替手数料取られますよね?US$での取引ができれば充分なのではないかと思います。

口座

口座については各社一般、特定、NISAと揃っています。差はありません。

取引時間

各社同じです。マネックス証券は時間外取引ができるそうですが、私はタイミング投資してないので利点が分かりません。昼間注文して待ってればええんでないの?

楽天スーパーポイント

楽天証券なら、取引、投信、キャンペーンなどで楽天スーパーポイントが貯まるそうです。

以下をご確認ください。

(出典:楽天証券HP)

でも、私は投信やってませんので結局SBI証券を使っています。だって為替手数料安いから投資コスト的に1番有利です。投信をやる場合は投信残高でついたポイントでさらに投信を買うこともできますが為替手数料の差は埋められないんじゃないかと思います。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク