【やめてほしいとは】儲けたいならタバコはやめるべき【言わない】

喫煙者なら一度はあると思うのですが、

「もしタバコ吸ってなかったら、車買えてたなー」

みたいな計算、したことありません?

例えば、1日1箱吸う人が

420円のK〇NTを吸っていたとしたら、

✓ 1か月で12,600円

✓ 1年で151,200円

✓ 10年で1,510,200円

✓ 50年で7,560,000円

浪費するわけですが、

大体の人はタバコ吸う時に缶コーヒーとか

買っちゃいますよね?

なので、1日4本の飲料を120円で買うと、

タバコと合わせて1日900円浪費するわけで、

✓ 1か月で27,000円

✓ 1年で324,000円

✓ 10年で3,240,000円

✓ 50年で16,200,000円

となります。

もし不良に憧れて

10代からタバコを吸い始めちゃったら、

✓ 50年で新車5台分浪費しちゃう

ということです。

ですが、例によって、

もしタバコ(&ジュース)に使ったお金を

投資に回していたら・・・

S&P500(年利8%と仮定)で計算しますと、

✓ 50年で2億円超えてました

ですから、

「あー、仕事だりー、金欲しー」

と言いながら缶コーヒー片手にタバコ吸うのは、

単なる人生の浪費

だったと自身深く反省し、

去年から禁煙を始めた所存です。はい。

でもね。

タバコ会社ってめっちゃ儲かってきたんですよ。

だって、タバコはずーっと同じ設備で製造できて、

大きな設備投資は要りません。

値上がりしても、やめない人は絶対にやめないから、

喫煙者が減り続けているけど、

利益を横ばいにすることができていました。

また、過去に米国で、

「喫煙によって健康被害を受けた」

って言う人がいっぱいいて、

訴訟ラッシュ(1件で賠償金何百億$)が

起こったけど、タバコ会社は大丈夫だった。

それほど儲かってました。

そして、タバコ会社は体に悪いものを売ってる、

訴訟に苦しめられてきたとかで

昔からイメージが悪く、投資の世界では不人気株、

つまり割安で放置されることが多かったのです。

しかしながら、タバコ業界大手の

フィリップ・モリス(現アルトリアグループ)は

約50年の間増配し続けています。

割安かつ高配当、連続増配ということで、

1957年にフィリップ・モリスに1,000$投資して

配当を再投資し続ければ、

2003年には4,626,402$になったそうです。

46年で約4,600倍、年利にすると19.75%です。

(出典:以下書籍より)

株式投資の未来 永続する会社が本当の利益をもたらす [ ジェレミー・J.シーゲル ]

価格:2,376円
(2018/5/26 22:37時点)
感想(16件)

今はタバコ会社がそれほど割安ではないことから、

昔ほどのリターンは見込めませんが、

相変わらず経営が安定しており、

高配当、連続増配であり、

これからも一定のリターンは見込めるので私は、

タバコやめて、タバコ会社へ投資します

ので、今後もたばこ業界の繁栄を切に願っておりますです。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク