【米国株】高配当エネルギー銘柄エクソンモービルを追加購入

毎月、米国高配当株を買増しています。2019年8月はエネルギー銘柄のエクソンモービル(XOM)を約1,200$買増しました。

平均購入単価は67.65$で18枚購入しました。これで同社株は75枚保有、8月27日終値で5,039.25$保有です。

8月にエクソンモービルを買ったのは、8月上旬のマイポートフォリオ内で保有割合が小さく、同社株が大きく下がっていたからです。

原油価格低迷により、近年エクソンモービル(だけではありませんが)の業績は厳しいです。ただ、同社は36年間連続増配を実現しており、増配率も悪くありません。エネルギー銘柄の中では安定している企業なのです。

エネルギー銘柄は原油市況に業績が左右され、原油高の時に好況となりますので、他の産業とは業績において逆相関の関係があります。つまり、原油安では製造コスト安となる他産業が好況となる一方、エネルギー銘柄は販売する原油価格が安くなるので売り上げが落ちます。原油高の時はその逆です。

投資における分散効果を高めるために、原油市況に翻弄されるエネルギー銘柄も敢えてポートフォリオに入れていますが、保有割合があまり大きくならないように買い増しを続けていきたいと考えています。

スポンサーリンク

エクソンモービルの株価推移

Yahoo! Finance Historical Data よりグラフ作成

1962年~2014年のピークまで、株価は約62倍に成長しました。現在は67.19$まで下落し、PERは14.42倍、配当利回りは5.18%と高配当となっています。

Trading View よりグラフダウンロード

WTI原油価格推移です。ブレント原油価格は2000年代しかデータが見つけられなかったので。横軸の年代が小さくて見づらいですが、エクソンの株価はこの原油価格推移と概ね連動しています。

エクソンモービルの業績推移

業績はやはり原油市況に左右されて、大きく揺れ動きます。2014年以降原油安で非情に厳しいはずですが、それでもなんとか赤字を出すことなく、毎年キャッシュフローを創出しています。

エクソンモービルの配当推移

業績が原油価格次第で安定しない事業なので、増配率も安定しませんが、10年間の平均増配率は9.1%と悪くありません。10年後には配当額が2.4倍になっている数値です。

先行きが悪い中でも、直近数年間の業績が良ければ増配率も改善されたり、積極的に投資家還元を行おうとする意志が見えます。

マイポートフォリオ

8月はエクソンモービルを買い増し、スリーエムを新規購入し、ポートフォリオを上のようになりました。

生活必需品株を除き、全体的に株価がガンガン落ちていきます。が、心を強く持って今こそ買い増しを続けていきたいと思います。

先月の買い増し↓

毎月、米国株を約1,500$買増して売らずにホールドしています。7月17日にジョンソン&ジョンソン(JNJ)を約1,500$購入しました。...

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク