【米国株】連続増配60年の資本財株スリーエム(MMM)を購入

米国株へのつみたて投資をしています。基本、買ったら売らない方針としたかったですが、2019年8月はこれまでより頻繁に売買しました。

こんな感じです。AT&Tとベライゾンコミュニケーションズを全て売却しました。理由は記事にしましたので、ご参照頂けると幸いです。

毎月、米国株に積立投資をし続けています。これまではS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが定める世界産業基準(GICS)を参考に、投...
毎月、米国株に積立投資をし続けています。前回の記事では、保有していた電気通信株AT&Tとベライゾンを全て売却したこと、その理由の一...
毎月、米国株に積立投資をし続けています。前回、前々回の記事では、保有していた電気通信株AT&Tとベライゾンを全て売却したこと、その...
私は2018年6月頃から米国株投資を始め、ポートフォリオの中に(2018年9月以前のGICSで言うところの)電気通信セクターに投資していま...

新規でポートフォリオにスリーエム(MMM)とホーメルフーズ(HRL)を入れました。ホーメルはまだ打診買いしただけですが。エクソンモービルは買い増しです。

本稿ではスリーエム新規購入について書きたいと思います。

スポンサーリンク

スリーエム(MMM)概要

スリーエムは資本財セクターに区分される銘柄です。創業は1902年。これまで117年もの間、多角化と発展を続けてきました。

その事業分野は幅広く、接着剤や研磨剤といった産業用製品。防塵マスクなどのPPE(Personal Protective Equipment)、道路標識など交通安全用製品。リットマン聴診器、医療用システムなどヘルスケア製品。そして、有名なのはポストイットやセロハンテープといった日用品(3MのScotchブランドは多くの量販店で見かけると思います)ですね。

現在、3Mの製品は60,000種以上あり、世界最大の産業コングロマリットとして世界中で事業を展開しています。

3M製品の多くは消耗品です。産業分野や医療分野、PPEなどセキュリティで使われる消耗品は信頼性が重要視されるため、変えられたりすることも少なく繰り返し注文されることから、3Mには不況時にも安定した強みがあります。

信頼性とは

信頼性と言っても、製造や開発設計の仕事をしない人にはイメージがつきにくいかもしれませんので補足します。

産業分野では製品の品質を落とすことが許されません。B to B(企業にモノやサービスを売る事業)である場合は品質の劣化が訴訟・責任問題になりますし、契約時に品質の保持については取り決めが交わされます。

B to C(エンドユーザー、つまり消費者向けの製品を手掛ける事業)の場合でも製品品質の低下は即顧客離れに繋がります。

つまり、製品を形作る部材、例えば接着剤とかネジとかゴムパッキンなど・・・小さな部材1つであっても既存の製品を作り続ける以上は変えられないし、開発者は新製品を設計する際もなるべく旧製品で使った部材を使いたいと考えます。

使ったことのある部材は何万時間、何百万円とかけて自社の信頼性試験を通っているからです。新製品を設計する度に新しい部材を取り入れて信頼性試験を行っていたら、原価が上がり価格に反映されますからコスト競争に勝つことができません。また、開発期間が長くなってしまいます。

産業分野に限らず、医療分野、PPEにあっても使われるのは人命に関わる製品ですから信頼性が重要視されるのは当然のことでしょう。

割安となったスリーエム

スリーエムは資本財株です。資本財セクターは景気に敏感とされており、最近の中国経済の成長鈍化、リセッション間近と言われる中では他に先立って株価が反応します。

また、スリーエムは直近の決算が良くありませんでした。決算後から株価は大きく下げ、なおも下がり続けています。

Yahoo! Finance Historical Data よりグラフ作成

現在の株価は161.72$。2018年の高値250.50$から約37%も株価が落ちています。PERは15.75、配当利回りは3.56%と過去に無い水準です。

1974年から昨年の高値までは株価は40倍にもなっています。年平均8.6%の株価成長率でした。下がりましたが。

スリーエムの業績推移

各数値はTTM(直近四半期までの1年分の業績のこと)

上にスリーエムの業績推移を示しました。株価が低迷しても、スリーエムの業績は変わらず安定しています。緩やかに成長さえしています。

継続する業績悪化を伴わない株価低迷と見て、今が買い時だと思いました。

スリーエムの配当推移

『Yahoo! Finance Historical Data』よりグラフ作成

スリーエムは60年連続増配銘柄です。配当王(50年以上連続増配)ですね。これまでの増配によっても安定性・成長性の高さが伺えます。

配当性向は60%程度。まだまだ余裕です。

過去10年間の増配率は約11%です。増配率が維持されるとすれば、現在の配当利回り3.70%で買った株が、10年後には配当利回り10.5%になっています。

直近の決算は良くなかったですし、来年以降はどうなるか分かりませんが。

まとめ

業績に深刻な問題を負ったわけでもなく、大きく株価が下がったことからスリーエムを新規購入しました。配当王であること、増配率も申し分ないことも判断材料になっています。

下がる度、これまで3回に分けて購入してみましたが、まだ下がり続けています。おかげさまで買ってひと月も経たないうちに-8%以上の含み損ですが、既にマイポートフォリオの9%を占めてしまったので、一旦ここでストップです。

まあ、気長に買い増し保持を続けたいと思います。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク