【市場平均が右肩上がりなのは】日本株vs米国株【どっち?】

私は高配当かつ連続増配を実施している米国株に

毎月積立投資しています。

もともと日本株へ投資していましたが、

2018年から米国株へとシフトしました。

なぜ、日本株への投資をやめたのか。

それは、

長期で見て、日本経済は右肩上がりではなかった

からです。

実際に日経平均株価の推移を見てみます。

1989年、日本のバブル経済期の終わり。

その年の12月につけた38,915円がピークでした。

現在2018年、約30年経ちましたが、

日経平均株価はそのピークを越えられていません。

日本は1990年代から低成長期へと移り、

ずっと不景気不景気とばかり言われてきました。

株価は諸外国の情勢に左右され続け、

低迷しました。

決して、右肩上がりではありません。

ちなみに、

過去5年、日本株式の市場平均に

投資していたとすると、

平均年利回り13.49%、

過去10年では、平均年利回り1.57%、

過去20年では、平均年利回りは0.786%、

でした。

過去30年以上は不明ですが、

さらに平均利回りが小さくなるそうです。

まあ、2013年以降はアベノミクスの効果が出て、

かなりいい感じですね。

でも、それは一時的な政策の効果であり、

いつまで続くかは分からないとも言われています。

これから日本はますます高齢化が進み、

若い世代が減っていくのに、

自国経済を盛り上げていくことなど

できるのでしょうか?

株式投資が儲かる理由として、

経済が右肩上がりに成長していくことが前提と

言う方がいます。

ある意味正しいと思いますが、

では、日本経済は長期的に見て

右肩上がりの成長をしていませんが、

投資対象として適切なのでしょうか?

分からないものに自分の大事なお金を賭けるわけには

いきませんので、私は日本株への投資をやめることに

しました。

なお、短期投資なら上記の話は

あまり関係ないですが、

私はゼロサムゲームである

短期投資をやめましたので。

一方、米国株はどうでしょう。

市場平均の一つS&P500の推移を見てみます。

長期的に見て完全に右肩上がりです。

今がピークなので、

いつ投資を始めていても儲かっていました。

大きな不況を2回経験していますが、

どちらも数年で立ち直っています。

なお、S&P500の

過去5年の平均年利回りは11.52%、

過去10年の平均年利回りは6.98%、

過去20年の平均年利回りは7.94%、

過去30年の平均年利回りは9.89%、

とのこと。

直近こそ日本に負けていますが、

長期になればなるほど、

米国株市場が優位になります。

私は誰でもできる長期投資をやりますし、

S&P500を超えるパフォーマンスを持つ、

高配当米国株へと投資しています。

なお、米国は移民を受け入れていますので、

高齢化問題、人口減少については、

問題にならないそうです。

未来は過去と同じになるとは限らない、

なんていう方もいますが、

じゃあ、何をあてにして投資判断をしますか?

目先のニュースをあてにするとしたら、

上がる要素、下がる要素なんて無数にあって、

誰も正確な判断などできません。

現に経済学者、ファンドマネジャーが

雑誌やネット上で景気予想や、

上がる株下がる株とかやっていますが、

当たったり当たらなかったり、

的確なことを言っているようには見えません。

私は日本vs米国、どちらに投資するか?

については明確な結論が出ていると思っています。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク