【いつまでに】スタートは目標を決めること【いくら欲しいのか】

20代で一生遊んで暮らせるお金。

それがあれば最高なのかもしれません。

でも、それはほとんどの人が実現できません。

また、一生遊んで暮らせるお金とは

幾らでしょうか?

では、30代~40代で数億円。

これは実は多くの人が可能です。

ただし、10代から投資の知識と経験を持ち、

アルバイトと倹約に精を出し、

若い時代にみんなが遊んでいても

一人我慢しなくてはなりません。

また、数億円貯まっても、一生安心でしょうか?

若いうちに我慢したツケで、

散財してしまうかもしれませんね。

普通に暮らしていても、

死ぬまでに数億円で足りるのかどうか、、

いっぱい調べて計画して、

計算しないといけないので面倒ですね。

でも、僕の知人でもいるのですが、

若くして親が亡くなり、

遺産を相続した、生命保険で数千万得た。

そんな人もいます。そんな人は超ラッキーです。

高配当株、米国債、ETF、なんでもいいですが、

正しく運用すれば、元手の数千万を消費せずに

すぐに年収数百万円ゲットです。

ちなみに僕の知人はどれだけ教えても、

遺産を運用することはありませんでした。

まあ、仕方ないことだと思います。

逆に遺産を全部使っちゃったらご愁傷さまです。

人は贅沢を忘れませんから。

「なくなったら贅沢やめればいいんでしょ」

無理です。

生活レベルを落とす苦しさは実は想像以上です。

『〇〇円手に入れた人の末路』みたいな話は、

いつの時代も無くなりませんね。

そして、50代で2億円。

ずいぶん具体的になってきましたね。

これは誰でも十分に可能だと思います。

私もこれを目指して、株式投資をしています。

仕事なんて早く辞めたいし、

お金の心配なんて早く解消したいし、

働いていてはできないこともたくさんしてみたい。

誰だって一発当てたい。

年くってから金持ったって遅いんだ、と。

だから、宝くじは売れるし、

ギャンブルはなくならないのだと思います。

が、可能性で言えば、宝くじ、ギャンブルよりも

50代で2憶円、の方がはるかに確実です。

まず、いつまでにどれだけのお金が欲しいのか。

本気の運用はそこがスタートとなります。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク