【債券、信託が】米国株に投資する理由 中編【ダメなわけじゃない】

私は投資先として米国株、それも

✓ 大型優良企業

✓ 高配当かつ15年以上連続増配している

銘柄に分散投資しています。

前回は、不動産、為替、商品など

リスクがある投資は避けている、

というお話をしました。

今回は債券、投資信託、ETFについて

お話したいと思います。

まず、

✓ 債券、投資信託、ETFは有り

だと思います。

米国債については、銀行預金や保険の話で

引き合いに出しましたが、

現在約3%の利回りを持ち、

リスクも小さいので悪くない投資先だと思います。

【出典:investing.com】

10年債のデータが多かったので、

チャートを載せさせていただきました。

1990年頃には8%を超える利回りを持ち、

近年、底を打った状態から

上がり始めているようにも見えます。

ジェレミー・シーゲル氏が

200年分のデータを精査したところ、

債券vs株式リターン勝負では

株式の圧勝だそうですが、

別に私は200年運用するわけじゃないし、

もっと短い期間では債券勝利の時期もあります。

話は少し変わりますが、

株式投資の戦略の一つとして、

『ダウの犬』

というものがあります。

これは、配当利回りの高い銘柄で

ポートフォリオを組む「高配当戦略」で、

ニューヨークダウ構成銘柄30種のうち、

配当利回りが高い銘柄を10種類選んで

投資する方法です。

10銘柄へ均等に投資し、

1年ごとに構成銘柄を再度見直し、

高配当銘柄が入れ替わっている場合は

その通りに入れ替えて、再び1年間保有する・・・

と繰り返します。

配当を再投資するとして、シーゲル氏の調査では、

✓ ダウの犬の年利回りは14.43%

さらに、S&P500の時価総額上位100銘柄から

配当利回り上位10銘柄(S&P10種)に均等投資し、

ダウの犬と同じく一年に一度銘柄を見直しながら

配当再投資を続けた場合、

✓ 年利回り15.69%

となるそうです。

なお、1957年~2003年のデータです。

上記ダウの犬やS&P10種では、

配当利回り4~6%が採用されているようで、

組み換えしてもいいみたいなので、

債券が良い時期は1銘柄として組み入れればいい

と思います。

私が債券を持っていないのは単に、

米国株には米国債より高利回りな銘柄が多い

からに過ぎません。

今後組み換えで米国債、

あるいは別の債券がポートフォリオに

入ってくる可能性はあります。

ただ、債券が株式に劣る点があるとすれば、

株式は優良銘柄ならば、

長期的な連続増配が期待できること

でしょうか。

米国では配当がとても重要視されます。

連続増配ストップや減配で、

経営者は経営失敗の烙印を押される

そういった風潮があるからです。

ですから米国企業は何が何でも配当金を

毎年上げようとしてきます。

経営が苦しくても配当はなんとか下げまい

としてくるので、

株価ダウン、配当アップで美味しいのですが、

債券にはそういったことはありません。

最後に投資信託、ETFですが、

これらも債券同様、いい条件のものがあるならば、

投資先の一つとしてもいいと思います。

実際、投資の神様ウォーレン・バフェット氏は、

個人投資家向けに『S&P500ETF』が

最も賢明な投資先

と言っています。

ただ、ジェレミー・シーゲル氏の調査では

1957~2003年において、

S&P500の平均年間利回りは11.18%なのです。

上でご紹介したような、

高配当な個別銘柄に投資した方がいいと考えて、

私はそうしてます。

次回は、日本株はダメなん?

について書きたいと思います。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク