【まず大きなリスクを】米国株へ投資する理由 前編【避ける】

私は投資先として米国株、それも

✓ 大型優良企業

✓ 高配当かつ15年以上連続増配している

銘柄に分散投資しています。

世の中には債券、投資信託不動産、為替、商品、

他にも投資先があるのに、なぜ株なのか?

ということですが、

長期ならばリスクが小さく、

誰でも資産最大化を実現しやすい

と考えているからです。

投資期間30年以上を前提としています。

以下、理由を説明していきます。

まず、不動産、為替、商品に共通してですが、

リスクが高いので無しです。

なぜ、リスクが高いのかといいますと、

不動産はアパート、マンションを経営し、

継続して家賃収入を得る投資ですが、

最初に経営する物件を買うために

大きな借金をしなくてはいけません。

もし空室が多く、家賃収入が少ない状況が続くと、

借金返済に窮する、結局物件を売る

結果、借金だけが残る

となってしまう可能性があるからです。

人気のマンションを相続した、

とかだったら有りなのかもしれません。

それでも、税金と管理費用がかかりますが。

また、日本はどんどん人口が減っていくのに、

少なくなっていくパイ(入居希望者)を

取り合うなんて非効率だと思います。

かといって、これからも人口が増えるであろう

日本以外の国でアパート、マンション経営を

成功させることが果たしてできるでしょうか?

ということです。

為替、商品も

レバレッジをかけた取引

(自分のお金+借りたお金を投資すること)が基本

で、失敗したら借金が残るリスクがあります。

また、短期で取引を何度も行い利益を積むので、

何度も取引成功を繰り返さなくてはなりません。

ただ、短期投資はゼロサムゲームであり、

誰かが勝てば、誰かが負けなくてはなりません。

私は、負けたら借金を背負うかもしれない勝負に

何回も何回も勝ち続ける自信がありませんでしたので、

為替、商品に手を出す気にはなれませんでした。

要するに、不動産、為替、商品は

借金をしてギャンブルするような感覚に近いので、

やめときましょう

ということです。

長くなりましたので、

債券、投資信託についてはまた次回にします。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク