太陽光発電×オール電化の発電・売電成果を公開

我が家は高々住宅で太陽光発電×オール電化を採用しています。その成果を毎月公開し、設置に悩む方々の参考になればいいと思います。データは2017年11月からです。

太陽光発電が儲かるのか?設置費用が高いし、そんなに発電するものなの?途中で壊れたりしないの?など疑問や不安があり、設置しなかった、あるいは迷っている方もいらっしゃると思います。

要するに問題は発電による収益が初期投資額を超えられるのか、ということだと思いますが、我が家は設置から1年経っていないので答えを持っていません。そこで、実際に太陽光発電システムを導入した結果を毎月ご報告していくことで答えを提示できると思いました。

売電データはインターネット上に溢れていますが、自分と近い環境で得られたデータ、つまり『特定の地域において○○年から〇〇kWのシステムを設置してみたデータ』が簡単に見つかるわけではありません。ですから、我が家のデータを公開することも意味があることだと思うのです。

まず、我が家の設置条件から載せていきます。

スポンサーリンク

太陽光発電システム設置条件

  • 太陽光パネルモジュールは6.48kW搭載
  • 売電額は30円/kW
  • 屋根は片流れの角度30°で南向き
  • 高台の上に家が建っているので遮蔽物無し
  • 設置総費用175万円
  • 高断熱高気密、オール電化の家
  • 窓はペアガラス
  • 居住地は日本海側、寒冷地

です。

※ 一部間違ってたので後日修正しました。

これまでの売電成果

2017年11月からは以下のような売電状況となっております。

左図が2017年ですが10月末に入居したため、10月は売電額が小さくなっています。10月28日から入居でしたので4日間で2,850円、31日間なら12,000円程度の売電が見込めます。

なお、今年はすごい大雪で1月、2月中はずっとパネルが雪で覆われてましたので、売電どころか発電量はほぼ0でした。そのためデータを割愛しています。

3月以降は良好に発電できていますね。

終わりに

昨年10月~本年5月までを見てきましたが、太陽光発電のおかげでアパート居住時の光熱費と比べて光熱費(ストーブの灯油代含む)が月平均23,000円から15,000円となり、かなり節約できています家が3倍以上の容積になったにも関わらず、光熱費が下がるってすごいですね!これから夏季期間で発電しやすい環境になっていくと思いますので、さらに期待しています。

また、年によって結果が変わると思いますので、我が家のデータ公開は毎月初めに定期的に公開し、10年は公開し続けたいと思っています。

データが溜まったら表にして各年比較できるようにし、最終的には10年平均も出したいと思いますが、とりあえず2018年の結果が全部出れば、

  • 設置費用÷(年間の光熱費削減額+売電額)=元が取れる年数

といったことも大体分かりますので、少なくとも2018年11月まではブログをチェックしていただければ嬉しいです。


続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク