アフィリエイト広告の危険性と稼ぐ仕組み

アフィリエイトに乗せられる危険性と、その稼ぐ仕組みについてお話します。

これをすれば儲かる!痩せる!髪が生える(笑)といった記事とアフィリエイト広告を載せたサイトはたくさんありますが、その記事を鵜呑みにしてしまうのは時に危険でもあります。広告をクリックさせることやクリック先で商品や契約を成約させることで広告掲載主(サイト主)が収入を得るのがアフィリエイトだからです。

きちんと真実を語るサイトもありますが、実は多くが損をする、効果が無いものについても、これ以上無いくらい素晴らしい宣伝がされていることもあります。そういったものは広告掲載主が得る収入が大きい、もしくはブームとなっていてクリック・成約する人がたくさん見込めるものであることが多いです。

実際にいくつかの広告から商品を買ったり、契約したりした経験と、アフィリエイト広告を載せたブログを運営してみて分かったことをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

アフィリエイトと儲ける仕組み

アフィリエイト広告はサイト運営主が広告会社に登録して広告を自分のサイトに貼り、サイト閲覧者に広告クリックもしくはクリック先の商品や契約を成約してもらうことで『サイト主が』報酬収入を得るというものです。

広告会社にはA8.netなど様々な広告を扱うものもあれば、楽天、Amazonなど通販サイトも自社広告の掲載を依頼していますし、googleも『google adsense』という広告を出しています。google adsenseはサイト閲覧者の嗜好に合った広告を自動で表示し、クリックしてもらうだけで報酬が発生します。

アフィリエイトの危険性

アフィリエイト広告で報酬を得る人達のことをアフィリエイターと言ったりします。アフィリエイターの中には、誰が損したって騙されたって構わず積極的に広告収入を取りに行く方が大勢います。有名ブロガーでもそういう方がいます。

仮想通貨の例

例えば、本年初期まで仮想通貨がブームで仮想通貨について記事を書くサイト、仮想通貨取引所の口座開設アフィリエイトを貼るサイトがたくさんありました。仮想通貨は儲かる!早く買わなきゃ!まだ仮想通貨持ってないの?と一時は買わなきゃ損、持ってない奴馬鹿、みたいに騒がれたり、煽られたりもしてましたが、結局大損こいた方が多く、人生オワタな方も出たそうですね。

しかし、散々話題になって煽られたり成功者が報道されたりしたこと。すごい!その通りかも!と思わせる暗号技術と組み合わせた仮想通貨急発展のシナリオ。身近な人も始めて勧めてくる仮想通貨。心を揺さぶられる人がたくさん居たと思います。

仮想通貨ってそれ自体が利益を生み出したりしないわけだから、儲かるためには自分より高値で買ってくれる人がいないとだめです。要するにねずみ講に近い性質で絶対儲かる!なんてあるわけないんです。いや、高値で売れればいいんだから絶対儲からないわけでもないんですが。

そして、仮想通貨の取引口座開設のためのアフィリエイト広告は報酬単価が高くてブームだったから、一部の広告掲載主はとても儲かったそうです。なぜ報酬単価が高いかというと仮想通貨取引所はボロ儲けだったからです。問題が起きた国内某取引所の収益がニュースでも出ましたがボロ儲けでしたよね。仮想通貨は取引をした人達のお金を手数料として取引所ががっぽり持っていくので、取引する人達全体で見ると必ず損をするマイナスサムゲームです。一部の人は勝つかもしれませんが、そのためには多くの人が損をします。

多くの人を不幸にする可能性が高いけど、広告貼った自分は(∩´∀`)∩ウメー

だから、そのような広告を貼っているアフィリエイターが多くいました。これがアフィリエイトの危険性です。

まあ、アフィリエイターだけじゃないですね。仮想通貨に関する雑誌特集、書籍、ニュースが一時的に増えました。騒げば感化されて不幸になる人も出ますが、ブームになっていることを書けば売れますからね。

ヘルスケア商品の例

もう1つ例を挙げると、一部の育毛剤、ダイエット、肌ケア、エイジングケア、サプリメント(栄養補助食品)などの広告も危険性が高いと思います。これらのようなヘルスケア製品で「このままじゃやばい、今すぐ始めないと」「あんなに悩んだ○○が簡単に」といった具合にサイト内の記事で健康・美容に関する心配や悩みを突っついて、効果が薄い商品の広告を貼る人達がたくさんいます。

あれは要するに広告報酬が美味しいんですね。見た目や健康で悩んで買ってくれる人が多いですし、1つ売れたときの報酬単価が高いので。1つ売れたときの単価が高いのはもちろん商品を売る会社の利益がとっても大きいからです。つまり原価が安いぼったくり商品ということです。現にヘルスケア商品は定期購入契約で値段が大幅に下がります。定期購入が成約できれば商品1つ当たりの利益は少なくなりますが、解約手続きを面倒なものにすることでぼったくり商品を売り続けることができます。

あ、でも、すべての育毛剤がぼったくりかどうかは知りませんよ。

危険なアフィリエイトを見分ける方法

必ず見分けられるわけではありませんが、商品単価に対して報酬が高い広告は怪しいものが多いと思います。投資用口座も開設自体は無料(あるいはお金が貰えるキャンペーンをやっている)ですしね。

私が実際に試した有名な育毛剤も、単価9,000円で1つ売れたときの広告報酬は5,000円でした。ということは原価は安いはずで、安くていいものなんて怪しいと思いませんか?ちなみに解約の電話をかけたら来月から5,800円にすると言ってきました。原価800円以下。。。

アフィリエイト広告の報酬を見るためには無料ブログを作って広告会社に登録すればOKです。あとは興味のある広告の詳細ページを見ましょう。報酬などの条件が載っています。これらの作業ではお金はかかりません。

証券会社の口座開設アフィリエイトを貼りました

アフィリエイトの危険性について書いてきましたが、当ホームページでもgoogle adsenseといくつかの書籍広告を貼ってあります。google adsenseはクリックしてもらうだけで報酬が発生するので、サイト閲覧者に損をさせて儲けるわけではありません。また、書籍は自分のお金儲けに対する考え方に影響を与えたもので、読む価値があると思ったものです。1冊売れても100円くらいの小さい儲けです。『となりの億万長者』などは図書館にもあると思うので、借りて読んでもいいでしょう。

それから楽天証券とSBI証券の口座開設アフィを貼りました。この2つの証券会社は株、投資信託にて資産を運用する場合、おすすめの証券会社です。

楽天証券は取引で楽天スーパーポイントが貰え、ポイントで投資信託が買えます。楽天でたくさんお買い物をする方や、投資信託を積み立てる方にとって良い証券会社ではないでしょうか。つみたてNISAと投資信託を組み合わせれば長期で見て年平均リターン7%が期待できます。銀行預金で得られる利率の300倍以上です。

SBI証券はSBI銀行と併用すれば為替手数料が最安になりますので(米国以外の株式の場合は知りませんが)、米国個別株投資をするなら投資コスト最安を実現できます。FX口座を使えばさらに為替手数料を抑えられますが、私はやっていませんので詳しく書くのはやめておきます。なお、取得できるポイントは劣りますが、SBI証券でもつみたてNISA×投資信託ができます。

私は投資がとても有益だと思いますので、もし、私のブログで投資を始めた、という人が居たら嬉しいと思います。例えば学資保険をやるなら積立NISAでインデックス投資の方が断然いいと思いますし、積立NISAをやるなら証券口座が必要なわけです。

また、資本主義社会において、お金持ちになるためには投資は必須であり、そんなことは多くの日本人は知らないわけです。日本の投資人口なんて20%以下です。だから口座開設アフィを貼ること、投資について書くこと自体は問題ないと考えています。ちなみに口座開設1件あたりの報酬は確か300円~500円程度です。

投資はおすすめだが損をする可能性もある

しかしながらはっきり言っておきますと投資は損をする可能性もあり、やってみたけど損失に耐えられずお金を失ってやめることは往々にしてあります。私としても、知らない人から「投資して損したやんけ」と言われても正直「知らんがな」です。結局、誰に言われたって投資は自己責任なので。

ただ、投資は預貯金よりも人々を裕福にする可能性を秘めているのは間違いありませんし、私もそれを信じて投資を続けています。投資手法は安く買って高く売る売買を繰り返す短期投資(=マイナスサムゲーム)ではなく、高配当ディフェンシブ銘柄を定期的に買い増し、不労所得(=配当収入)を増やし続ける長期投資(=プラスサムゲーム)です。爆発的に儲けたりはしませんが、50歳前後で年あたり配当収入400万円を突破できれば年金がどうなっても老後は安心です。

終わりに

私は自分の経験していないこと、本心ではないことを書いたりはしません。自分でもやってみて、良いと思って続けていることを書いています。おすすめする長期投資には損もする可能性があることも正直に書いていきます。本稿を読んだ方々が儲け主義のアフィリエイトに損をさせられないように気をつけていただければ幸いです。

続く

↓よろしければ応援クリックをお願いします
にほんブログ村 投資ブログへ
スポンサーリンク